古文書に見る首里・那覇の士族社会

常設展

WEB Site

アート

日程

2020.01.14(火)  開催期間: 2020.01.08(水)〜 2020.03.09(月)

会場

那覇市歴史博物館
沖縄県那覇市久茂地1-1-1 パレットくもじ4F

時間
  • 開演:10:00      終了:19:00
料金

一般 350円

小中高大生 無料

未就学児童 無料

年間パスポート 1200円

問合

那覇市歴史博物館

TEL 098-869-5266

FAX 098-869-5267

内容

1/08(水)〜3/09(月)開催
木曜休館

首里氏族である伊江家は、代々伊江島の総地頭として伊江按司を称し、伊江御殿とよばれていた。今回の企画展では沖縄県指定文化財である「伊江家資料」を中心に、歴史博物館が所蔵する「池原家」「比嘉家」「福地家」などの古文書資料を合わせ、琉球王国時代の首里・那覇の士族社会を紹介する。

●ギャラリー講座

1/26(日)14:00〜16:00
「首里士族の勤め」
 講師:輝広志(首里城公園管理部学芸員)

2/2(日)14:00〜16:00
「古文書に見る士族の生き方」
 講師:麻生伸一(沖縄県立芸術大学准教授)

●関連イベント
「伊江御殿関連資料」重要文化財指定記念シンポジウム
「伊江御殿関連資料に見る琉球王国」
2/8(土)14:00〜17:00
沖縄県立博物館・美術館

 

開催日カレンダー

ページのトップへ