沖縄・韓国民衆会議 in 宮古島

今こそすべての軍事基地を撤去させよう!朝鮮戦争を終わらせ、北東アジアに平和を!

教養

日程

2019.02.11(月)

会場

宮古島マリンターミナル
沖縄県宮古島市平良下里108-11 平良港ターミナルビル2F

時間
  • 開演:14:00      終了:17:00
料金

入場料 500円

問合

事務局(清水)

TEL 090-9784-1545

内容

2/10読谷、2/11宮古島で開催。

現在、米軍の最大の国外基地を抱える韓国・ピョンテク。その拡張工事が行われた2006年、ピョンテクには国軍兵士2000名、警察13000人が動員され、村をまるごと消滅させた。チェジュ島カンジョンでは、村を挙げての強い抵抗にもかかわらず、韓国軍の海軍基地が作られ、米軍の原子力潜水艦もやってきた。
「路上の神父」として知られるムン・ジョンヒョン神父をはじめ、その抵抗の最前線に立ち、現在も基地撤去運動を続ける人びとが7名、韓国から来沖。米軍基地や自国の基地とどう向き合っていくのか、嘉手納、宮古島で住民と共に考える。

2/10(日)嘉手納会議@読谷村地域振興センター
・基調報告:ムン・ジョンヒョン神父「朝鮮戦争の終結と朝鮮半島、東アジア」
・ビデオ上映「ピョンテクの闘い」
・韓国からの報告「ピョンテクの歴史的経過 どのような未来をめざしているのか?」
・嘉手納からの報告「嘉手納記事の実態と嘉手納基地撤去運動/米軍基地を住民の手に取り戻し平和な村づくりを実現した闘いの経過」
・宮古島からの報告
・ディスカッション「東アジアの平和的共存を目指して、米軍基地をどうしてゆくのか?」

2/11(月祝)宮古島会議@宮古島マリンターミナル
・基調報告:ムン・ジョンヒョン神父「朝鮮戦争の終結と朝鮮半島、東アジア」
・韓国からの報告「カンジョンの歴史的経過 どのような未来をめざしているのか?」
・宮古島からの報告「宮古島基地建設の経過と現在」
・ディスカッション「東アジアの平和的共存を目指して、米軍基地をどうしてゆくのか?」

 

ページのトップへ