日本社会文学会 2018年度秋季大会

大会テーマ「現代沖縄文学のたくらみ」

WEB Site

教養

日程

2018.11.10(土)

会場

沖縄国際大学
沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1

時間
  • 開演:10:00      終了:18:00
料金

当日 無料

問合

日本社会文学会

MAIL shakaibungaku@gmail.com

内容

会場:沖縄国際大学3号館

●午前
10:00 テーマ発表(3-203教室)
10:00 自由発表(3-204教室)
(各発表30分:質疑10分)

自由発表
10:00~10:40 栗山雄佑「怒りのための〈道具〉を覆すということ―目取真俊「虹の鳥」論
10:50~11:30 佐久本佳奈「郷土への乖離―与儀正昌『顛末』(1935)を読む(仮)」
11:30~12:10 宮沢剛「「屈辱」の行方―『ヂンダレ』と『琉大文学』」

テーマ発表:目取真俊論―〈沖縄〉を越えて
10:00~10:40 アハマド・ラハミー「『水滴』の会話の文に求められる民族意識の現われ―『水滴』アラビア語訳を通して」
※都合により発表辞退
10:50~11:30 浦田義和「“幻想”の可能性・不可能性―目取真俊「虹の鳥」と桐山襲「パルチザン伝説」を比較して」
11:30~12:10 本浜秀彦「目取真俊と高橋弘希―現代文学は「沖縄」と「青森/東北」をつなぐことができるか」

昼休み・評議員会(3-201教室)

●午後
13:30(3-203教室)
13:30 崎山多美講演「コトバのたくらみ」
14:30 休憩
14:50 シンポジウム
登壇者:崎山多美
ディスカッサント:呉世宗「崎山多美の他者の触れ方」
ディスカッサント:渡邊英理「移動する女たちと開発の風景」
ディスカッサント:新城郁夫「言葉の憑りつきについて」
司会:黒澤亜里子

16:10 休憩
16:30 総合討論
18:00 懇親会

11/11(日)辺野古巡検

 

ページのトップへ