海燕社の小さな映画会

『水俣の図・物語』

WEB Site

映画

日程

2018.11.10(土)

会場

沖縄県立博物館・美術館講堂
沖縄県那覇市おもろまち3-1-1

時間
  • 開場:17:00 開演:17:30
料金

入場料 1000円 (要予約 途中入場不可)

問合

海燕社

TEL 098-850-8485

内容

●絵画と詩と音楽でつづるもうひとつの水俣
 三つの表現による“水俣の像”

映画ではいわゆる音楽映画は別として、その音楽は映画のテーマをもとに作曲され、指定の個所に録音される。ナレーション・詩も音楽同様、時間に解析され、秒単位の計算でシーンにつけられ、映画的効果をあげる。

この映画『水俣の図・物語』の場合、その種の伴奏性をはじめからとらなかった。詞(ことば)と音楽と絵画による「それぞれの光芒のなかでの水俣の像のフォーカスの一致」といったものを試みた。映画の諸属性の制約から離れ、自由な詩想と楽想をたよりにした。丸木夫妻の『水俣の図』自体、もとより絵画の表現として完結しており、映画のために描かれたものではない以上、詩・音楽もそれと同等同位におくべきであると考えた。

絵画を分析した映像と、詩『原初(はじめ)より言葉知らざりき』・音楽『海へ』がひとつに合わされたのは最終ダビングのときであり、以後なんらの編集的加工もしていない。

映画としては一回性の実験であった。が、これは現代水俣病事件の、精神への照射の、多角的で多岐・多彩であることから生まれた方法であった。それは、同時に、表現者たちの、ただいま現在の記録ともなったのではなかろうか。(映画『水俣の図・物語』パンフレットより)

 

ページのトップへ