長尾紀壽 沖縄四半世紀 型絵染の世界展

Nagao Norihisa Stencil Dyeing Works Exhibition

WEB Site

アート

日程

2018.10.12(金)  開催期間: 2018.09.06(木)〜 2018.11.19(月)

会場

佐喜眞美術館
沖縄県宜野湾市上原358

時間
  • 開演:09:30      終了:17:00
料金

一般 700円

中高生 600円

小人 300円

問合

佐喜眞美術館

TEL 098-893-5737

FAX 098-893-6948

内容

9/6〜11/19開催
火曜日休館

染色作家・長尾紀壽(1940年-)は、岡山県に生まれ、京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)工芸学科で型絵染の重要無形文化財保持者(人間国宝)であった稲垣稔次郎に師事し、卒業後は服地加工の会社設立に参加し、実業の世界に身をおきながら作家活動を展開した異色の作家。「型絵染」とは、「型染」のなかでも特に絵画的表現の強い染色作品のことをいうが、長尾の作品は型紙を連続して組み合わせ、ダイナミックでありながらも京都で培われた抒情感あふれる作品を生み出してきた。1993年からの沖縄県立芸術大学非常勤講師を経て、1995年に同校工芸学部教授に就任、2006年退官以後も沖縄に居を構え、沖縄の風土に根ざした生活者の視点から沖縄の「植物」「自然」を主たるテーマに作品を創り出している。今年喜寿を迎える本展では、沖縄に移り住んで四半世紀の足跡をたどり、修練された高い型染技術とそれに裏打ちされた自由と洗練と成熟の長尾作品の世界を47点で展観する。

●ギャラリー・トーク 
2018/9/22(土)15:00
田島征彦(染色作家)×名護朝和(染色作家・沖縄県立芸術大学准教授)×長尾紀壽(染色作家)

 

開催日カレンダー

ページのトップへ