「沖縄の旧石器時代が熱い!」展

WEB Site

アート

日程

2018.05.17(木)  開催期間: 2018.04.20(金)〜 2018.06.17(日)

会場

国立科学博物館
東京都台東区上野公園7-20

時間
  • 開演:09:00      終了:17:00
料金

一般 620円

高校生以下 無料

65歳以上 無料

問合

国立科学博物館

TEL 03-5777-8600

内容

4/20〜6/17開催
月曜日休館
4/30(月)、6/11(月)は開館

金・土曜日20:00まで
4/29(日)・30(月)、5/3(木)は20:00まで
5/1(火)・2(水)・6(日)は18:00まで

日本の人類史でもっとも古く、もっとも長く、もっとも謎に包まれている旧石器時代。そのころの日本列島に暮らした人々は、どのような姿をして、どのように暮らしていたのだろうか。彼らの生前の姿を現代に伝えてくれる旧石器時代人骨の大半は、沖縄で発見されている。しかし、沖縄では石器などの道具が見つからず、彼らの暮らしぶりは長い間、謎とされてきた。そんな沖縄で、近年、世界最古の釣り針や旬のカニを味わうユニークな暮らしぶり、そして石垣島からの全身にわたる新たな旧石器人骨など、旧石器時代の大発見が沖縄の各地で相次いでいる。本企画展では、そんな熱気あふれる沖縄旧石器時代研究の最新情報を紹介する。

■関連イベント

●講演会1「海を渡り、島で暮らした旧石器人」
5/12(土)14:00〜16:00
日本館2階 講堂 定員100名

沖縄旧石器人の文化や暮らしぶりは、長いあいだ謎に包まれていた。彼らは、いかにして海を渡り、どのように島で暮らしつづけたのか。また、近年、島の旧石器人研究でめざましい成果が相次ぐ東南アジア島嶼域では、どんな調査が行われているのか。島の旧石器人類学研究をテーマに国内外で活躍する第一線の研究者を招いて、海を渡り、島で暮らした旧石器人の実態に迫る。

「海を渡った旧石器人-3万年前の航海を再現する」
 講師:海部陽介(国立科学博物館人類研究部人類史研究グループ長)

「島に暮らした旧石器人-サキタリ洞遺跡での発見」
 講師:山崎真治(沖縄県立博物館・美術館)

「東南アジア島嶼域の旧石器人に見る海洋適応」
 講師:小野林太郎(東海大学)

 司会進行:藤田祐樹(国立科学博物館人類研究部人類史研究グループ)

●講演会2「白保竿根田原洞穴遺跡の発掘」
6/9(土)14:00〜16:00
日本館2階 講堂 定員100名

2010年、新石垣空港建設途中に発見された一片の人骨破片をきっかけに、白保竿根田原洞穴遺跡の大規模な発掘調査が行われた。長年の発掘調査を経て、ついに旧石器時代の墓の確認や全身骨格の発見に至った同遺跡の調査成果について、発見や出土人骨の研究に携わった研究者を招いて講演会を開催する。

「白保竿根田原遺跡の発掘」
 講師:片桐千亜紀(沖縄県立埋蔵文化財センター)

「白保竿根田原洞穴遺跡の人骨」
 講師:河野礼子(慶応義塾大学)・土肥直美(文化財サービス)

「旧石器人の古代DNA研究」
 講師:篠田謙一・神澤秀明(国立科学博物館人類研究部)

司会進行:河野礼子(慶応義塾大学)

●プレミアムフライデー ギャラリートーク
本展担当の研究者による展示解説を実施。
第1回 4/27(金)18:00〜18:30
第2回 5/25(金)18:00〜18:30
日本館1階企画展示室



主催:国立科学博物館
学術協力:沖縄県立博物館・美術館/沖縄県立埋蔵文化財センター
協力:株式会社南都(おきなわワールド・ガンガラーの谷)/八重瀬町/うるま市/宮古島市各教育委員会/NHK

 

開催日カレンダー

ページのトップへ